ペダルは踏むより回す方が効率がいいのは本当か?

涼しかったり、暑かったり、湿度が高かったり・・・

いつの間にか梅雨入りしていたらしいのですが、うちの方はあんまり雨降っていない気が・・・

 

そんな中、ロードレース出る予定ができたので、対策に100kmのロングライドをしてきました。

補給がどれくらい準備が必要かや補給タイミングのテスト。

単独なので、テストの結果はウェザーコンディションと漕ぎ方で全て決まるwww

集団やドラフティングに付くもっと楽かなという仮定。

 

で、過去のライドからの消費量を算出し出発。 “ペダルは踏むより回す方が効率がいいのは本当か?” の続きを読む

クランク長の考え方

皆様いかがお過ごしでしょうか?

GWも終わり、全国的に麻疹と5月病が流行っているようですね?

暑かったり、寒かったり、暑かったりと、気象の波状攻撃が、アウトドアスポーツにはきついですね。

 

さて、最近になって体が変わってきたせいか、またポジションが変わりました。

 

前回は(ポジション変更 サドル編を参照

BB-サドル=720mm

BB-ハンドル=765mm

ハンドル-サドル先端(直線距離)=535mm

サドル-ハンドル落差=95mm

ハンドル-サドル先端(水平距離計算)=526.5mm

 

というところで、落ち着いたかに思いましたが、GW中のトレーニングで、上半身と脚の窮屈さがちょっとあったので、結局、 “クランク長の考え方” の続きを読む

ポジションを変更 サドル編

なんか暖かいと思ったら、また急に寒くなってきてしまいました。

体調を崩さないように気を付けないと!

 

インドアのバイクトレーニングを再開して、急に脂肪の燃焼が良くなったのか、見た目が絞れたと言われます。

まあ、筋の伸縮でエネルギーを使うから、需要の高い筋グリコーゲンが枯渇して水分も出てというところが大きいのでしょうけど・・・

 

ところで、インドアトレーニングでの固定バイク(Wattbike)は、車体を振ったり、振れたり等の前後左右の逃げがありません。

なので、各人のクセの結果は、体の変な動きに出るか、関節、筋肉の痛みや疲労、固定されているバイクの振動や破損、転倒に出ます。

 

コウタの場合は、 “ポジションを変更 サドル編” の続きを読む

インドアトレーニングのコツ

もーすぐはーるですか??

東京は桜が満開のようですが、東北地方はまだまだといったところ。

雪が溶けて、日が伸びてきて、暖かくはなっていますが、それでも仕事が終わって十分な量のトレーニングを積もうとすると真っ暗になってしまうので、自転車に乗りたい気分が出てきたのですがもどかしいです。(2輪は暗い場所では危険すぎる・・・)

で、インドアトレーニングをすることにしたのです。

職場に福利厚生としてWattbikeがあるのですが、如何せん倉庫にあるので、夏は暑く、冬は寒い。

東北の冬はきついのでなかなか・・・ね?

しかも、帰ってまた職場に来るのとか、準備をして職場に来るとか、結構大変。

別な所に行く方が気分転換にもなるという気が・・・

 

インドアトレーニングは基本的に楽しいものでもないですし、楽しいわけがないです。

その理由は、 “インドアトレーニングのコツ” の続きを読む

ポジションセッティングを変更

ちょっと寒いかな?位が持久系種目にとってレースもトレーニングもしやすいコンディションで、そんな季節が加速してますね。

秋晴れだったり、紅葉であったり、田畑も実りの季節だったりと、きれいな景色に癒されるためにマラニックやポタリングもいいかなーなんて思います。

 

さて、前回の記事でポジションを変更したと言いましたので、ポジションセッティングについて考えていきたいと思います。

 

根本的な話をすると、セッティングというのは「設置する・設定する」という意味です(小学校の時には 設 置 ん ぐ だと思っていたwww)

逆に言うと、この「設置・設定」には必ず意味があるということになります。

家具でも家電でも、設置する場合には利便性を考慮したり、設定も自分の使いやすさや目的に応じで変えると思います。

大体の場合は、「楽になる・使いやすくする」ということでセッティングすることが多いと思います。

 

ところが、これもまた落とし穴があるわけです。それは、 “ポジションセッティングを変更” の続きを読む