クランク長の考え方

皆様いかがお過ごしでしょうか?

GWも終わり、全国的に麻疹と5月病が流行っているようですね?

暑かったり、寒かったり、暑かったりと、気象の波状攻撃が、アウトドアスポーツにはきついですね。

 

さて、最近になって体が変わってきたせいか、またポジションが変わりました。

 

前回は(ポジション変更 サドル編を参照

BB-サドル=720mm

BB-ハンドル=765mm

ハンドル-サドル先端(直線距離)=535mm

サドル-ハンドル落差=95mm

ハンドル-サドル先端(水平距離計算)=526.5mm

 

というところで、落ち着いたかに思いましたが、GW中のトレーニングで、上半身と脚の窮屈さがちょっとあったので、結局、 “クランク長の考え方” の続きを読む

ポジションセッティングを変更

ちょっと寒いかな?位が持久系種目にとってレースもトレーニングもしやすいコンディションで、そんな季節が加速してますね。

秋晴れだったり、紅葉であったり、田畑も実りの季節だったりと、きれいな景色に癒されるためにマラニックやポタリングもいいかなーなんて思います。

 

さて、前回の記事でポジションを変更したと言いましたので、ポジションセッティングについて考えていきたいと思います。

 

根本的な話をすると、セッティングというのは「設置する・設定する」という意味です(小学校の時には 設 置 ん ぐ だと思っていたwww)

逆に言うと、この「設置・設定」には必ず意味があるということになります。

家具でも家電でも、設置する場合には利便性を考慮したり、設定も自分の使いやすさや目的に応じで変えると思います。

大体の場合は、「楽になる・使いやすくする」ということでセッティングすることが多いと思います。

 

ところが、これもまた落とし穴があるわけです。それは、 “ポジションセッティングを変更” の続きを読む

機材を使う競技は面倒くさい

事もある。

機材を引っ張り出して、使って、終わったらメンテナンスして。。。

次に体のメンテナンスして。。。

 

ということは往々にしてある。

メンテナンスを怠ると、道具の耐久性が落ちて、成績も落ちる。

落ちるのがパフォーマンスだけならまだしも、自転車なんか命が落ちるからなぁ・・・

 

何が言いたいかというと、 “機材を使う競技は面倒くさい” の続きを読む