中型自動車運転免許の限定解除に行った話 最終章

前回は技能課題を紹介しました。

1つ忘れてました・・・路端停止!

ウソ。忘れてたのではなく、別記事しようと思ったからです。

さて、何がそうさせたのでしょうか??

路端停止とは、文字通り路端に停止するのですが、停止位置の前に障害物があって、停止するだけでなく、発進も気を付けなければならないのです。

では、手順。教科書の内容も確認しましょう。

停止目標(停止をする位置)を早めに確認して、周囲を確認(つまり目視等の安全確認)左ウインカーを出します。

安全確認をして、急ハンドルにならないように 白線から30センチ未満に寄せて 幅寄せをします。

路端に平行に止めて車体先端をポールに合わせて止まります。

コツは、とにかく半クラなどをつかってゆっくり動くこと。

そして、バックミラーを見ながら、ラインに平行に合わせること。

アンダーミラーで先端がどこにあるかをよく見る。

という感じで、止まるのはまあそんなに難しくありません。

問題は発進。

前に障害物があるので、発進したら避けなければならない(発信しながら避けなければならない)ことです。これが微妙。

発進の時には周りを確認して、発進です。ウインカーを出して、後方確認などもね。

で、グリっとハンドルを回して発進! ・・をしてしまうと、一発終了の確率が高まります。

何故かというと、頭をグリっと回して発進すると、寄せすぎの場合は、リアが外に振れてフェンスにぶつかりやすくなるからです。

でも、ゆっくり回すと障害物に当たってしまう・・・

どうすればいいのか!?

半クラで超低速でスタートし、ゆっくり切りだして、進む毎に回していく。そんな感じです。

ま、試験のスタートとフィニッシュをイメージすれば、さして難しくはないのですが・・・

ポイントは停止時は巻き込みと左ウインカー、発進時は後方確認と右ウインカーを忘れずに!

その3の記事でも書きましたが、発進と停止が大事だと書きましたが、それは実はここに通じているのです。

法規走行が難しいと何度も言っているのは、そういう、目に見えない課題が、全ての発進・停止に掛かってくるからです。

一発試験(一般試験)が一般に向かない理由は、

え!?こんなことも減点対象!?だから。

逆に言えば、技能課題で減点は起こしては不利になるのです。

過剰確認は減点対象ではないので、確認をしながら行きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です