大型自動二輪(バイク)の免許を取りに行った話 導入編  一発試験の準備や流れ

既に花粉が飛んでいるそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これから季節も暖かく春に向かっていきますが、その間に別れの季節、出逢いの季節、新年度という区切りがやってきます。

今年の目標は何か決めましたか?? たいていの場合、 年末年始、年度末と忙殺されて春が来る頃には決意もしぼみ・・・というパターンが多いようです。

春が来ると新年度と共にやる気も出ますよね!?

あったかい季節に向かってバイクの免許を取ったりしてみませんか!?

というわけで、4年ほど前に一般試験(一発試験)で取得した大型自動二輪(大型バイク)の免許を取った時の合格体験記をお伝えします!!

“大型自動二輪(バイク)の免許を取りに行った話 導入編  一発試験の準備や流れ” の続きを読む

大型特殊自動車免許を取りに行った話 導入編

節分が過ぎ、暦の上では春ですが、寒いですね笑

今年はあんまり降っていなくて、ここ数日が大雪だという予報ですが、雪が降ると大活躍! 除雪車等の大型特殊の運転免許を一般試験(いわゆる一発試験)で取得してきたので、その体験記を!

もはや、トライアスロンどころか、自転車、ラン、スイムどれにも言及しておらず、免許取得体験記録ブログとなってしまいましたが、お付き合いください笑

まず、大型特殊自動車とは?

“大型特殊自動車免許を取りに行った話 導入編” の続きを読む

中型自動車運転免許の限定解除に行った話 番外編

さあ、番外編です。

最後に、意外な法規走行の穴を1つ。

踏切は、止まれ、見よ、聞けといわれますが・・・

窓開け、左右後方確認、そして1速で通過! 踏切で手間でも、暑くても、雨でも、恥ずかしくても開けましょう。

限定解除では、試験場によってないみたいですが、坂道発進。

後ろに下がってはだめです。わずかでも!(30cm以内はOKだといわれていますが、足で一足分なので下がったら減点必至です。)

そして、発進なので、発進の確認をしてくださいね!

坂を越える前には、標識がある場合はクラクションを鳴らしましょう。

また、頂上付近は徐行です。

下りはエンジンブレーキとフットブレーキを併用し、クラッチを切らないように。坂の最中はまあ、1速で過ごせば大丈夫です。

路上(コース上)の実線は踏んでしまうと減点5ですが、特に交差点の直進・右左折レーンのところが踏みやすいので気を付けましょう。

一発試験(一般試験)が一般に向かない理由は

「いつもの運転とは一線を画す運転だから」

あくまで試験であって、教習ではないので、色々教えてはくれません。しかし、そのハードルの高さが安全運転につながるのは間違いないです。

また、高いハードルを少ない回数で超えられたことは誇りとなり、更に安全運転を心がけるでしょう。自慢もできます。

試験に慣れてくれば、 短いスパンで 他の免許を取るのもいいでしょう。

試験場によってかなりいろいろ違いはあると思いますが、共通するのは試験官と仲良くなるといいということです。

キャリアアップにいかがでしょうか?

中型自動車運転免許の限定解除に行った話 その5

限定解除シリーズも5回目ですね! 本人が飽きてきましたwww

需要があるのでしょうか・・・??

皆さんお待ちかね! 技能課題について!

ま、技能課題としては、S字、クランク、方向転換、あい路、ですね。

では行ってみましょう。

“中型自動車運転免許の限定解除に行った話 その5” の続きを読む